まさかの陣痛からの出産まで(出産レポ①)

妊娠・出産

予定日超過のため、誘発分娩の入院まで決まりとにかく憂鬱すぎる日々を過ごしておりました。

最後の検診で卵膜剥離?俗に言う「内診グリグリ」をしてもらってから翌日は生理終わりくらいの出血が一日続きました。

翌々日、朝方3時頃から1時間おきに生理痛の重いようなものがあり、5時頃からは10分ペースでなかなかの痛みが続いたので、流石に”陣痛“だと分かりました。

病院からは経産婦は15分ペースになったら電話するよう言われていたので色々と準備などを進めて、家族を起こしてから病院に向かいました。

よく周りの話を聞くと、陣痛が遠のいてしまったため一度帰ったなどあり得るので夫と子供には病院の駐車場で待っていてもらうことにしました。

まずコロナの抗原検査で陰性を確認してからNSTをつけて様子を見ます。内診をしましたが2㎝くらいでした。

定期的な張りがあるので陣痛ではあるものの、NSTの数値が高い時でも看護師さんと話ができるし、自分でもまだまだ陣痛と言えるレベルでないことが分かったので、お産を進めるためにも一度帰ることにしました。

その日は多分家族3人で過ごす最後の日になるかもしれないので、お昼にハンバーグを食べに行って、おやつにミスドの新作を買ったりと、後悔ないよう(?)過ごしました。

日中も陣痛カウントアプリで陣痛をつけていましたが、10-30分おきに軽い痛みがあるだけでお産が進んでいるようには感じられませんでした。

明日になるかなー?と思いながらその日は家で就寝。

12時頃でしょうか?

痛みで目が覚めます。昨日と同じ感じだったので、「陣痛って夜から朝にかけてって本当だなー。」くらいで考えてましたが、ペースや痛みが昨日とちょっと違う…

昨日は一回の痛みが30秒くらいで済んでいましたが、今は1分を超えるくらい。ペースも7-8分おき…しかも痛い…

ちょっとこれは病院行ったほうがいいな。と判断。2:30頃病院へ電話をし旦那に起きてもらって3:00頃入院となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました